赤ら顔の治し方を解説|赤ら顔の頬の赤みを消すには

「赤ら顔だと田舎者に見える」
「ほっぺたが赤いからオシャレをしても垢抜けない」
「赤ら顔で自分に自信が持てない」
「敏感肌ですぐに顔が真っ赤になって恥ずかしい」

赤ら顔がゆえにこういった悩みを抱えてはいませんか?

赤ら顔は、その症状が顔にあるため目立ちやすく、コンプレックスで悩んでいるという人は少なくありません。

しかし、赤ら顔はしっかりと対策をすれば改善することが可能です。
是非、これから紹介する方法を取り組んでみてください。

その前に、そもそも、赤ら顔は何が原因でどういう仕組みなのかを解説していきます。
赤ら顔は、頬の皮膚が薄いことで、皮膚のすぐ下の毛細血管が透けて赤く見える症状です。

生まれつき色白の人にも多い傾向があります。
皮膚が薄いために、敏感で乾燥しやすく、外部からの刺激にすぐに反応してしまいます。

とくに、屋外と室内の温度差が激しい冬場にその症状は悪化しやすくなります。

それは、屋外の寒い外気によって毛細血管が引き締まり、そのあとに室温が高い部屋へ移動することで、引き締まっていた毛細血管が一気に拡張し血行が良くなるからです。

また、肌は乾燥するとトラブルを起こしやすくなり、赤みも増しやすくなります。

顔の赤みをとる方法

赤ら顔の赤みを改善するには次の4つの方法が効果的

1、レーザーで赤みを消す。
2、赤ら顔用の化粧水で、保湿をする。
3、屋外と室内の寒暖さをなくす。外部からの刺激を与えないようにする。
4、皮膚を厚くする、肌を強くする。

それでは、1から順に解説をしていきます。

赤ら顔を治す方法その1、レーザーで赤みを消す

レーザーを当てることで赤みの原因である毛細血管を破壊し、赤ら顔を治すことができます。

ただし、レーザー照射を1回すれば完治することはなく、継続的に5回から10回おこなう必要があります。

回数を重ねることで徐々に赤みが取れていきます。

また、1回おこなうと、また次にレーザーを当てるには最低1ヶ月以上は間を開けないとけないので治療が完了するまでに、最低でも半年から1年ほどはかかります。

レーザーは照射の際にビリっと強い痛みが走りますので、ある程度はその覚悟も必要です。

費用はというと、赤ら顔のレーザー治療は保険適応外なので全額自己負担になります。

金額はクリニックによって異なりますが、1回×2万円を5回で1セットのようなところが多く、トータルで10万円前後かかります。

施術後は、照射したところが腫れ上がったりしますが、それは10日~2週間ほどで引いてきますので跡などは残りません。

また、レーザーの機器は皮膚科やクリニックによって置いてある機種の性能や特徴などが異なります。

レーザー治療のクリニックを探す際には、ホームページなどで取り扱っている機器の特徴などを見比べておくことをお勧めします。

赤ら顔を治す方法その2、赤ら顔用の化粧水で保湿をする

赤ら顔の人は敏感肌で乾燥肌である場合がほとんどです。

赤みを抑える成分が含まれた専用の化粧水や美容液で、毎日しっかりと保湿し続けることで、徐々に赤みが引いていきます。

肌に優しいアミノ酸やセラミドを配合したものを選びましょう。

肌は30から40日の周期で細胞が生まれ変わります。

赤ら顔を治すためには最低でも毎日3ヶ月以上は専用の化粧水や美容液で保湿を続けるようにしましょう。

赤ら顔を治す方法その3、顔の皮膚を厚くする、肌を鍛えて強くする

赤ら顔の人は皮膚が薄く敏感肌なので、皮膚を厚くし肌自体を強くすることで頬の毛細血管の拡張を抑えることができます。

皮膚を厚くし肌を強くするには、温水と冷水の交互に顔をつける方法が最適です。

具体的なやり方は次の通りです。

まず顔が浸かるくらいの洗面器を2つ用意します。

1つは冷水、1つは少し熱めのお湯を入れて7秒ずつ交互に顔をつけます。それを5から7セット行いましょう。

お湯の熱で頬の血管が広がったところに、冷水で血管をギュッと引き締める、これを繰り返すことで毛細血管と皮膚が鍛えられます。

毎日朝晩行うことで、日頃から血行がよく健全で丈夫な肌になります。

最低でも3ヶ月以上は続けましょう。

乾燥は肌トラブルの原因です。終わった後は必ず化粧水などで保湿を意識して肌のケア行うようにしましょう。

その際、赤ら顔専用の化粧水や美容液を使用すると、なお良いでしょう。

また、日常生活では、栄養バランスのとれた食事と良質な睡眠をしっかりととることで、健康な肌が作られるようになります。

肌に重要な栄養素は、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、ビタミンC、ビタミンB2、B6、ビオチンなどです。

これらを意識的に摂取するようにしましょう。

赤ら顔を治す方法その4、屋外と室内の寒暖さをなくす

赤ら顔は、冬の屋外と室内の寒暖差によってその症状が悪化します。

ですので、冬の寒い外気の刺激をできるだけ減らすことで、毛細血管の収縮がなくなり赤ら顔の症状が出にくくなります。

冬場に外出の際には、マスク、マフラー、耳当てなどで首から上をしっかりと防寒をし、室内との顔の温度差を少なくするようにしましょう。

以上の4つが赤ら顔を改善するのに効果的な方法です。

赤ら顔を今すぐにどうにかしたい、早く頬の赤みを隠したい!という場合にはメイクで隠すのが一番手軽でしょう。

根本的な赤ら顔の改善方法ではありませんが、コンシーラーなどは頬の赤みをうまく隠すことができます。

日頃は赤ら顔の改善のための行動を実行しながら、治るまではコンシーラーなどで赤みを目立たなくさせて日常を過ごすというのがもっとも良い方法かもしれません。

注意!赤ら顔の症状を悪化させる行動

冬の暖房の効いた部屋で頬が熱を持って火照るからといって、冷水で冷やしたり、冷たいおしぼりを顔にあてがってしまうと一瞬は頬が冷やされて気持ちがいいですが、その行為はNGです。

頬を冷やすことが刺激となり、血流がさらに良くなることで赤ら顔の症状が悪化してしまいます。

タバコは赤ら顔に悪影響?

喫煙は大量の活性酸素を発生させ細胞を傷つけ、肌へ悪影響を及ぼしますので赤ら顔を気にするのならば禁煙をしましょう。

動画は以上になります。この動画で紹介した内容をしっかりと実践して赤ら顔に別れを告げましょう!

赤ら顔の治し方を解説|赤ら顔の頬の赤みを消すには